血圧は食後に高い?血圧が上がる仕組みって?飲み物で血圧を下げる効果の期待できるものはある?

血圧が食後だと高い理由、上がる仕組みは以下の通りです。また飲み物で下げる効果が期待できるものも以下の通りです。まず食後に血圧が高い理由ですが、これは体がそのように働くためです。

では血圧が上がる仕組みです。まず食後には、胃や腸に血液が集中します。これは食べ物を消化するため、それらの消化器官が活発に働く必要があるためです。血液には酸素や栄養が混ざっているので、それが集中することで消化器官が活発に動くようになると言うことです。

しかし胃や腸に血液が集中すると、全身の血流は一時的に不足しがちになります。そこでこれを補うために、自律神経が心臓や血圧に働きかけます。その結果、心臓から全身に送り出される血液量が増加したり、その作用によって血管に対する圧力が上がると言う仕組みです。

ただこのような高い状態は一時的で、健康であればその後は少しずつ落ち着いていきます。次に下げることに効果が期待できる飲み物ですが、まずカルシウムを含んだ飲み物、たとえば牛乳などが挙げられます。

これはカルシウムには血管の状態に働きかける作用があるためです。それからカテキンが含まれる緑茶もおすすめの飲み物です。黒酢を水で薄めた物や、カリウムを含んだグレープフルーツジュースも効果が期待できます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食後

血圧が高い人や高めの人は、お風呂に入ると脈拍は上がる?血圧に影響は?

お風呂に入ると脈拍が早く感じることがあるので、血圧も高い状態に上がっているか心配になることがありますね。

血液には動脈と静脈、毛細血管がありますが、動脈は心臓から体の隅々まで血液を送り出し、静脈は細胞から老廃物を受け取り、再び心臓に戻ってきます。この時に、心臓は拡張したり収縮したりしていますが、この時の動きを心拍数と言い、脈拍は心拍数が動脈を伝わって手首などに伝わっている状態を指します。

大人と比べると子供の方が脈拍数は多くなります。
お風呂に入ると脈拍が上がるので、血圧も高い状態になっているのでは、と感じますが、脈拍が上がるからといって血圧も高い状態になっているとは限りません。逆にお風呂にゆっくりと入り、リラックスしている時は、血圧は低い状態になっていることが多いです。

ですが、血圧が高い場合、お風呂に入る際の注意点があります。まず、脱衣所とお風呂の温度の差をなくします。差があると温かい場所に入った時、急に上がることがあるからです。

また、入浴の際の温度は40度以下とし、半身浴を10分程度にしておきます。湯温が高いほど上がってしまうので注意しましょう。湯船に入る前に全身にゆっくりお湯をかけると急に上がってしまうのを防ぐことができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い時に運動することによって、脈拍や心拍数が上がると血圧にも影響はある?

血圧が高い低いに関係無く、運動することにより筋肉や皮膚への血流量が増加すると共に、脈拍や心拍数が上昇するため血圧は上がることになりますが、極端に高くない限り運動は良い効果をもたらします。

運動を始めると交感神経が優位となり、内臓に集中していた血流は筋肉や皮膚へ優先的に配分されるため、体全体に血液を巡らせる必要が生じることから心拍数や脈拍が上がることになります。運動が終わった後は、徐々に脈拍や心拍数が減少すると同時に血流も減少します。

体を動かすと交感神経を刺激するホルモンを消費するため、体を動かした後は副交感神経が一時的に優位となり血圧の高い状態を抑制します。この効果は数日で無くなりますが、定期的に体を動かすことで血流を安定させることができます。

但し、トレーニングの種類によっては急激に血圧が上がる危険があるため、極端に高い人はもちろんのこと、若干高めの人も体に合った方法を取り入れる必要があります。

最も効果的なのが、ウォーキングなどの負荷の軽い有酸素運動です。短距離走や筋肉トレーニングなどは、一時的に血圧が急上昇する一方、ウォーキングのように負荷の軽いトレーニングはあまり急激な変化は見られないため、定期的に実施することで体に負担を掛けることなく健康を維持することができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動