血圧が高い人は寝不足になると血圧が上昇しやすい?寝不足と血圧の関係って?

血圧が高い人は寝不足になると上昇しやすくなるのか、そして寝不足と血圧にはどのような関係があるのでしょうか。

まず寝不足だと血圧が上昇しやすくなると言うのは、極めてそうなる傾向が高いと言うことができます。これは寝不足、睡眠との関係を理解するとわかりやすいです。

人間の体には自律神経と言う神経があり、交感神経と副交感神経からなるこの神経は、人間の意思が及ばない部分の体の働きを担っています。ですから血圧も、この神経によって調整されていると理解できます。これが上昇する時と言うのは、交感神経が優位になっている時です。

交感神経は日中や興奮している時、またストレスを感じている時などに優位になります。そして時間の経過と共に、今度は副交感神経が優位になっていきます。それにより高い血圧も少しずつ下がっていって、やがて睡眠に導かれると言うのが自律神経の正常な働きです。

しかし寝不足が続いていると、夜になっても起きて、活動しているような状態だと、交感神経が優位になりっ放しの状態で、副交感神経によって下げられる時間が短くなってしまいます。そのため睡眠不足が高い状態の要因になり得ると言う具合です。

また眠れないことに対する精神的なストレスも関係があると言われており、これはストレスにより交感神経が優位になりやすいためです。

血圧が高めの場合、睡眠はしっかりと取ることをおすすめします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足

血圧が高い症状は寝不足だと起こりやすい?睡眠と血圧の関係って?

血圧が高い症状は寝不足だと起こりやすいかどうか、睡眠と血圧の関係については次の通りです。まず結論から言うと、寝不足が続いていると高い症状は起こりやすいと言うことができます。

この症状と血圧の関係には、自律神経が深く関係しています。自律神経とは人間の意思が及ばない部分の体の働きを調整している神経のことです。この内、日中や興奮している時に優位になる交感神経には、血管を収縮させる作用があり、血流からの圧力を高い状態に導く作用があります。

逆に夜間や睡眠時に優位になる副交感神経には、血圧を下げ、安定させる作用があります。寝不足が続くと、体が休まる時間が短くなってしまうため、交感神経が優位な状態が続きやすくなります。その結果、血圧が高い状態になりやすくなると言うことです。

それからもうひとつ、睡眠には心身を休める作用があります。そのため睡眠不足になると、たとえば血管の修復が不十分になり、血流からの圧力を高く受けやすい状態になりやすくなってしまうと言うことができます。

またストレスも緩和されないため、それによる交感神経の優位によっても同様のことが起こりやすくなると言う具合です。寝不足であると言う状態に対する精神的なストレスに関しても同様です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い人や高めの人の中には「寝不足の症状が続く」という人は多い?

寝不足が何日も連続すると人間の体は、学習能力があるのでその状態に適応してしまいます。活動している時は血圧は高い症状を保ちます。より寝不足の症状があると血圧は高い症状を継続します。

寝不足にならない睡眠時間は、7時間が理想的です。寝不足が続くと血管抵抗が高いという状態になりますが、メカニズム及び理論的には分かっていませんが寝不足と血圧の間には相対的に密接な関係があります。

ぐっすり眠れるからと寝る前のお酒を好まれる方が、居ますが睡眠の質を下げてしまいますので好ましくありません。人間は昼、働いている間は血圧が高くなっていますが眠る事によって自然に自律神経の副交感神経の働きにより正常になるのです。

ですから睡眠が足りないと正常にならず高いままでいるという事になります。これは好ましい事ではありません。それではじっとして寝ている時のようにすれば良いかというとそれも全くの間違いで動くと血圧が上がらなかったり上がりすぎたりします。

運動を定期的にするとかジョギングをするとかストレスをかけないなどが健康に役立ちます。老人施設などでは、落語家や芸能人を招いて笑うことを奨励したりしております。これなどもストレス解消にやくだっています。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足

血圧が高い人や高めの人の寝不足はカラダにどのような影響があるの?

血圧が高い場合、寝不足が影響していることがあります。
睡眠はストレスを解消するのに最適な方法として知られており、寝不足の状態が続くと、イライラしたり物事をじっくりと考えることが難しくなったりします。これは寝不足によって自律神経が乱れていることが原因となっています。

自律神経は自分でコントロールすることができない神経で、交感神経と副交感神経からなっています。副交感神経が優位の時は体もリラックスしているので、血圧は低くなり、交感神経が優位の場合は、高い状態になっています。

夜になると血圧は低くなっていきますが、寝不足の状態が長く続いていると、メラトニンと呼ばれる物質が分泌されなくなり、夜になっても血圧が高い状態が続いてしまうのです。高い状態が続くと、血管に負担をかけている時間が増えるので、血管の状態も悪くなっていきます。

睡眠不足は多くの方が抱えていますが、健康に大きく影響を及ぼすのです。血圧に影響を及ぼさないためには、睡眠の質に注目するようにしましょう。就寝する1時間前には入浴をすませ、ゆっくりとする時間を作ることで、ストレスは解消されていきます。パソコンやスマートフォンの光は睡眠にも影響するので、見ないようにしましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足

血圧が高い場合、寝不足を解消すれば血圧を下げる効果はある?寝る前のマッサージは有効?

血圧が高い場合、寝不足を解消することで血圧を下げることが期待できる上、安眠のために寝る前のマッサージは非常に効果的です。

睡眠をあまりとらない人は交感神経が活発的になり、アドレナリンを分泌します。すると人の体は興奮・緊張状態となり更に寝不足になってしまう上に、このアドレナリンが分泌されることで循環器系に大きな負担がかかります。

血圧が高いということはそれだけ血管にダメージを与えてしまうため、動脈硬化などの他の病気にもかかる可能性が高いとも言えるのです。

自分の力で血圧を下げたいのであれば、まずは寝不足を解消することが大切です。
脳が興奮状態になっていたり、精神的ストレスを抱えていると寝不足になりやすくなってしまいます。まずはリラックスすることが解消の第一歩です。

入浴時や就寝前に体をマッサージすることで体中の血流がよくなります。また精神的にもリラックスするため自然と眠くなりやすくなりますし、マッサージ屋でマッサージをしてもらうと眠くなるのは体も心もリラックスしているからです。

あまり一生懸命マッサージをすると逆に疲れてしまうため、軽くリラックスできる程度にしましょう。それを日常的に続けることで自然と寝不足も解消されます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足