血圧が高い人が血圧を下げる方法として睡眠をとることは重要?

現代人の多くは自分の健康について強い関心を持っています。毎年行われる会社の健康診断でちょっとでも再検査の項目があればすぐに再検査を受けに行くことでしょう。

ただ、本当にそれだけで健康が保てるのでしょうか。毎年の健康診断の傾向から、少しずつ悪化しているのかもしれません。血圧についてはどうでしょうか。血圧が一時的に高いことは健康な人でもありますから、自分の血圧が高いと感じているなら、その時の状況と影響について考えなければなりません。

一般的に低血圧の人は朝起きることが難しいと言いますが、睡眠と関係があることは医学的にも指摘されています。つまり、自分の血圧が高いと思っているならしっかりと睡眠を取ることによって下げることができるのです。

まだ健康な範囲ですので難しい方法を考えなくても大丈夫です。質の高い睡眠が血圧を下げるのに効果的な方法となるのでぜひ心がけてみましょう。具体的にどれくらい下げるといいかは人によって異なります。

人の健康は数字だけで決められることではありません。ただ、睡眠だけは重要なポイントです。日常が楽しくても朝起きた時の気分を思い出してみましょう。今日も頑張ろうと思えるなら、あなたは正しい睡眠方法を実践していると言えるのです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 睡眠

血圧が高い症状を見つけるには健康診断を受ける必要があるの?自分でできるチェック方法って?

基本的に血圧は血圧計で計る必要があります。具体的にこういう症状が出れば高いと言えるような症状もありませんし、チェック方法もありません。

一番簡単なのは、健康診断で調べてもらう事です。会社勤めの方は健康診断が年1回は義務付けられていますのでそれで問題ないと思いますが、自営業の方や退職された方、主婦の方など、健康診断が必ずしも義務付けられていない方で健康診断以外の方法で血圧が高い症状を見つけるとなると、以下の2つがあります。

まず一つ目は、自分で血圧計を買って来て計ってみることです。これなら自分の好きな時にチェックする事が出来ますし、より頻繁に計る事で高い時間帯やシチュエーションなどを理解する事も出来ますので、非常に有効なチェック方法と言えます。

もうひとつが献血に行く事です。献血では、血圧のみならず、様々な項目について検査をしてくれます。その場で分かるものですので、すぐに知りたい人にも簡単なチェック方法になります。

本来は輸血のためのボランティアの意味がある献血ですので、健康診断代わりに使うのはいかがかという向きもありますが、そう固く考えずに、人の役にも立って自分の健康も分かると一石二鳥の方法と考えれば、とてもいいのではないでしょうか。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い人は入浴方法にも気を付けるべき?血圧高めの人にはどんな入浴方法がおすすめ?

血圧が高い人が入浴する場合に、一番気を付けなければいけないこととして、いきなり寒さを感じることで、激しい血圧上昇を引き起こしてしまうことになります。

そのため、激しい血圧の上昇につながってしまうため、脳梗塞や脳出血を引き起こしてしまう可能性があり、それが原因となって死亡してしまうこともあるので、冬などの寒い日には、入浴前に着替えの段階で暖房などで浴室を温めてから着替えをすることがお勧めです。

入浴方法として、気を付けなければいけないことは、いきなり温度の高いお風呂に入ってしまうと、血管が開きます。それを避ける方法は、ぬるめのお風呂に入ることです。適温は37度から40度です。さらに、急激な血圧上昇を避けるために大切です。

また、血圧の高い人は、湯船につかったときでも注意があります。首まで浸かってしまうと、毛細血管にも圧力がかかり、心臓に血液が戻ろうとするので、心臓に負担がかかってしまうため、それを回避するための入浴方法は半身浴をすることがお勧めです。

胸のあたりまでなら心臓への負担もかなり軽減でき、首や肩が冷えないようにするためにタオルを掛けたり、入浴剤を使い、身体への保温効果を高めたりすることがお勧めです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 入浴