血圧が高い時間帯の対処法は?運動や筋トレは血圧が高めの時間帯を避けた方が良い?

血圧は時間帯によって変化します。一般的に朝は高く、日中から夜に向けて低下していき、寝ている間が低くなるという変化を示します。

さらに、ストレスや運動によっても変化し、種類によって上昇したり、下がったりします。下がる方法としては有酸素運動が挙げられます。ジョギングやウォーキングなどの緩やかに身体を動かすものであれば、血管が拡張し下がります。

しかし、筋トレなどは一時的に筋肉が収縮するため血管も収縮し結果、上昇に寄与します。これらを踏まえてそれぞれの時間帯の対処方法を説明していきます。

まず朝ですが、起きてすぐは高いので運動自体を控えたほうが良いです。特に筋トレは絶対しないようにしてください。朝ウォーキングなどをする場合は、起きてすぐは避け、朝食後時間を置き、ウォーミングアップをしっかりしてから行うようにします。

日中は暑い時間帯の屋外での激しい運動は避けるべきですが、特に問題はありません。夜は寝る2時間以上前までなら問題ありません。あまりに寝る直前だと寝付きが悪くなります。

基本的な時間別の対処方法としては血圧の高い時間は筋トレを避けることです。また、血圧の高い時間帯は有酸素運動であっても注意して行うといった対処が必要です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯

血圧が高い時間帯がある理由|血圧の値に差があるのはなぜ?

血圧は常に一定というわけではありません。食事や運動、ストレス、気温の変化など、様々な理由で血圧は変動します。

1日の中でも一定の変動パターンがあります。朝の時間帯は低く、徐々に上昇し始め、活動する日中は高い状態になります。そして夜の時間帯になるにつれて下降し、睡眠の時間帯はさらに下降します。

こうしたパターンを日内変動といいますが、日内変動が生じる理由は、自律神経の活動と関係があります。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、血圧は交感神経が活発になる日中に上昇し、副交感神経が活発になる夜間に下降するので、1日の中でも大きな差が生じるのです。

こうした1日の中で変動がある理由を十分に理解し、高いときと低いときの差を把握することが重要です。測定に関しても、高い時間帯に測定した日と低い時間帯に測定した日で差が生じることを理解しているかいないかで、受け止め方が大きく違ってきます。

理解していれば、低いはずの朝方、高くなっていた場合に、何か気を付けなければいけない状態であることがわかります。逆に日中に測定して、若干高くなっていても、それほど心配する必要はないことがわかるはずです。1日に2回測定して、自分の日内変動の中での平常値を把握することができれば、理想的です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯

血圧が高い時間帯とそうでない時の血圧の変化ってどんなもの?その理由は?

血圧は1日中安定しているわけではありません。時間帯によって、高い時や低い時など、常に変化しています。高い時間帯は、朝目覚めてからスタートします。

起床してから活動を始めてから徐々に血圧は上がります。ちょっとしたストレスや緊張を感じたり、激しい活動(早足で歩く、走る、思い荷物を運ぶなど)や喫煙などでも、高くなってしまいやすいです。

このよう時には、一時的に1日の最高値となることがあります。逆に、リラックスした状況が続くと、その状態の時間帯には低く変化します。これ以外で低く変化する時間帯は、睡眠中です。血圧の上下には交感神経が関係しています。

睡眠中は副交感神経の働きで血圧を下げます。その下がり方は、就寝後緩やかなカーブを描くように下がっていきます。この、交感神経と副交感神経の働きによって、変化するのです。起床後は交感神経の働きで血圧が高い状態になります。

その上がり方は、目が覚める少し前から上昇し始めていき、起床時には、すでに上がっている状態で目が覚めます。日常的に急激に上昇することが多いと、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険性があります。胸の動悸が激しくなったり、呼吸が苦しくなったら、横になり休んだり、ゆっくり深呼吸をすることにより、症状を一時的に改善することができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯

血圧が高い時間帯と高くない時間帯に測定し平均値を取る方が良い?測り方って?

1日のうちで血圧は変化し、日中が高い時間帯になります。
正常であれば朝起きてから上昇を始め夕方に近づくにつれてだんだん下がっていき、寝ている間は落ち着いた状態になります。

また、行動によっても変化し、トイレに行くと大きく変化します。これはトイレが寒かったり、トイレで力むなどが原因になります。体を動かしたり食事した入りすることでも上昇しますので、平常値を知りたいのであれば高い時と低い時の平均を計算する必要があります。

血圧が高いことが気になりだしたら継続して測定しておくと安心です。
時間帯によって変化するので測定する時間を決めておくことが適正な測り方です。
比較的に高くなる朝と低くなる夜との両方を測定し、その平均を計算することで平常値がわかり、平常値の比較から健康状態を確認することができます。

いつも同じ時間帯で測ることも重要ですが、トイレに行った時や入浴した時は血圧が急上昇するので避ける必要があります。座って数分安静にして落ち着いてから測ることで正しい血圧がわかります。

また、自動の電子血圧計を使う時に腕の位置などを間違えた測り方だと不安定になりますので、測定する腕や位置も同じ位置にするように調整しましょう。

平均によって平常値を比較する場合は、全てが同じ条件になっていることが重要です。
測定値のズレは平常値の比較に大きな影響を与えます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯