血圧が高い症状は食後に多いの?塩分を多くとってしまうと血圧が上がりやすい?

血圧が高めと言っても、高い方が130mmHg以上140mmHg未満であれば、それほど危険な症状ではないと言えます。でも正常値からやや高めなので、塩分控えめ、適度な運動、ストレス解消などの努力は必要です。

測定時期については、時間帯とか食前食後の関係ですが、病院がすすめるのは、起床してから少し時間が経過したときで朝の排尿などを済ませてからと、夜は食後2時間を経過したころとされています。夜の場合は食前がいいとする病院もあります。

実は血圧は一日中変動しており、時間帯や何かの動作によっては、通常値でないことがあるからです。

たとえば排便中や直後は、かなり高い数値になります。外出でかなりの歩数歩いて帰宅してすぐ測定すると、こちらは高い数値が出たり、逆に低い数値が出たりすることがあります。

ということで、ある程度落ち着いているときに測定しなければ、手当が必要な症状かどうか判定できないということになります。

食後は、身体に消化のためなどの負担がかかった後なので、避ける方がいいのです。2時間という目安がありますが、お酒が入ると血圧は一時的に下がるので、そのときは食前がいいでしょう。

塩分は控えないと症状はどんどん悪くなります。塩分を口に含んだ瞬間に上がるというわけではないのですが、血圧にとっては大敵です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い症状は寝不足だと起こりやすい?睡眠と血圧の関係って?

血圧が高い症状は寝不足だと起こりやすいかどうか、睡眠と血圧の関係については次の通りです。まず結論から言うと、寝不足が続いていると高い症状は起こりやすいと言うことができます。

この症状と血圧の関係には、自律神経が深く関係しています。自律神経とは人間の意思が及ばない部分の体の働きを調整している神経のことです。この内、日中や興奮している時に優位になる交感神経には、血管を収縮させる作用があり、血流からの圧力を高い状態に導く作用があります。

逆に夜間や睡眠時に優位になる副交感神経には、血圧を下げ、安定させる作用があります。寝不足が続くと、体が休まる時間が短くなってしまうため、交感神経が優位な状態が続きやすくなります。その結果、血圧が高い状態になりやすくなると言うことです。

それからもうひとつ、睡眠には心身を休める作用があります。そのため睡眠不足になると、たとえば血管の修復が不十分になり、血流からの圧力を高く受けやすい状態になりやすくなってしまうと言うことができます。

またストレスも緩和されないため、それによる交感神経の優位によっても同様のことが起こりやすくなると言う具合です。寝不足であると言う状態に対する精神的なストレスに関しても同様です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い人や高めの人の中には「寝不足の症状が続く」という人は多い?

寝不足が何日も連続すると人間の体は、学習能力があるのでその状態に適応してしまいます。活動している時は血圧は高い症状を保ちます。より寝不足の症状があると血圧は高い症状を継続します。

寝不足にならない睡眠時間は、7時間が理想的です。寝不足が続くと血管抵抗が高いという状態になりますが、メカニズム及び理論的には分かっていませんが寝不足と血圧の間には相対的に密接な関係があります。

ぐっすり眠れるからと寝る前のお酒を好まれる方が、居ますが睡眠の質を下げてしまいますので好ましくありません。人間は昼、働いている間は血圧が高くなっていますが眠る事によって自然に自律神経の副交感神経の働きにより正常になるのです。

ですから睡眠が足りないと正常にならず高いままでいるという事になります。これは好ましい事ではありません。それではじっとして寝ている時のようにすれば良いかというとそれも全くの間違いで動くと血圧が上がらなかったり上がりすぎたりします。

運動を定期的にするとかジョギングをするとかストレスをかけないなどが健康に役立ちます。老人施設などでは、落語家や芸能人を招いて笑うことを奨励したりしております。これなどもストレス解消にやくだっています。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 寝不足

血圧が高い症状がある場合、冬場の入浴は注意が必要?寒さと血圧の上昇の関係は?

血圧が高い症状がある人は、冬場の入浴は危険が伴う場合があるので、寒さ対策が必要です。血圧の高い低いなどの症状は、血管の収縮によって決まります。急に寒くなると身震いがしますが、血管もそのように収縮し、その結果血圧が上昇します。

その温度変化が激しければ激しいほど急な上昇が起こり、時には脳や心臓へまで影響をするのでとても危険です。冬の間は、風呂場は温かく、また入浴後は体も十分に温まっています。

しかし、それに比べて脱衣所は寒い場合が多く、その急な温度の変化で血圧が高くなってしまうのです。その対策としては、温度差を少なくするということです。例えば脱衣所に簡易のヒーターを置き、寒さを和らげるために温めておきます。

または、入浴後に脱衣所に移動せず、風呂場の温かいところで体を拭き、パジャマやバスローブを着てしまいます。
その他にも、日常生活の少しの工夫で血圧が高い症状にならないようにすることができます。

よく言われていることですが、食事は塩分を控えめにします。外食が多い人は、サラダのドレッシングの量を少なくしたり、ラーメンやうどんのスープを全部飲み干さないなど気を付けることができます。冬は寒さが身に染みるので、ついつい運動量が減ってしまいますが、日頃からの適度な運動は重要です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い症状は高齢者や更年期に起こりやすい?血圧が高めになる原因って?

人間には「加齢現象」という避けられない現象がついて回ります。
動脈硬化も加齢現象の1つです。

人の動脈は丁度ゴムホースと同じです。古くなったゴムホースは硬くなって強く押さないと水がでません。
高齢者の血管も同様で、強く圧力をかけないと血液が送りだせなくなるのです。

この血管に加わる圧力が、血圧です。

高齢者は血圧が高くなりやすい上に、変動が激しくなります。
そして、収縮期と拡張期の差が大きくなります。俗に言う上と下の差です。高齢者は、上の血圧は上がり下は低くなって、その差が大きくなります。

更年期の女性も急上昇しやすい傾向があります。
それは、女性ホルモンには血管をしなやかにする働きがあるからです。
更年期になって女性ホルモンの分泌が減ると、血管がしなやかさを失っていき次第に硬くなっていきます。
つまり、動脈硬化が進みやすくなって、血圧が高い状態となります。更年期も要注意です。

180mmHgくらいより高い状態になると頭痛や吐き気などの症状を訴える人が増えますが、中には200mmHgを超えても特に症状はなく平気で歩いている人もいます。

しかし高い状態が長く続くと、脳梗塞や心筋梗塞、慢性腎臓病などになるリスクが上がるので、これが怖いのです。
症状のないうちに治療しましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い症状が、ストレスや過労からきている可能性はある?

血圧が高いという症状はストレスや過労から生じている可能性があります。これにはいくつかのメカニズムがありますが、直接的にストレスや過労が血圧の高い症状を引き起こすことも十分にありえます。

そもそも人間というものは何か緊張のかかる状態や頑張らないといけない状態になると脳がそれを感じ取り、それにふさわしい体の状態を作り出そうとする働きがあります。

交感神経が活発になったり、アドレナリンが出て交感神経が活発になることで血管が収縮して血圧が高い状態になってしまうのです。

一方で、ストレスや過労はこのように直接的なものだけではなく、間接的により長いスパンでこのような症状を引き起こしている可能性もあります。ストレスや過労は例えば食生活の乱れを引き起こしやすくなるでしょう。

軽い運動や気分転換をして緊張をほぐす時間もなかなか取れないかもしれません。さらには、睡眠時間にも影響してくるでしょう。こうなると、血管そのものが例えば動脈硬化を起こすなどして、交感神経が特にそのときは緊張していなくても、血圧が高い状態が続いてしまうことになる可能性もあるのです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い症状を見つけるには健康診断を受ける必要があるの?自分でできるチェック方法って?

基本的に血圧は血圧計で計る必要があります。具体的にこういう症状が出れば高いと言えるような症状もありませんし、チェック方法もありません。

一番簡単なのは、健康診断で調べてもらう事です。会社勤めの方は健康診断が年1回は義務付けられていますのでそれで問題ないと思いますが、自営業の方や退職された方、主婦の方など、健康診断が必ずしも義務付けられていない方で健康診断以外の方法で血圧が高い症状を見つけるとなると、以下の2つがあります。

まず一つ目は、自分で血圧計を買って来て計ってみることです。これなら自分の好きな時にチェックする事が出来ますし、より頻繁に計る事で高い時間帯やシチュエーションなどを理解する事も出来ますので、非常に有効なチェック方法と言えます。

もうひとつが献血に行く事です。献血では、血圧のみならず、様々な項目について検査をしてくれます。その場で分かるものですので、すぐに知りたい人にも簡単なチェック方法になります。

本来は輸血のためのボランティアの意味がある献血ですので、健康診断代わりに使うのはいかがかという向きもありますが、そう固く考えずに、人の役にも立って自分の健康も分かると一石二鳥の方法と考えれば、とてもいいのではないでしょうか。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧が高い症状は過呼吸が原因の場合もある?過呼吸になってしまう理由って?

過呼吸が原因で血圧が高くなってしまうことは、十分に考えられます。
一時的に血圧が高くなってしまうので、心臓に与える影響が大きいので、注意が必要です。

そもそも、過呼吸の症状というのはどのようなものなんでしょうか?
呼吸が浅くなり、酸素を吸おうとして吸い過ぎてしまい、血中の二酸化炭素が少なくなってしまう症状のことなのですが、過呼吸を起こしてしまう原因に、現代病であるストレスが大きく関わっていると言われています。

過呼吸になってしまった場合の対処法としては、息を吸うのではなく、ゆっくりと息を吐き出すことに集中します。
呼吸のリズムを整えられるように背中をゆっくりとさすってあげるのも良いでしょう。

血圧が高い人は特に、過呼吸になってしまわないように、ストレスを貯めないことが重要ですね。

ストレッチやマッサージをするなど、あなたに合ったリラックス方法を習慣として取り入れるようにしてみましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状