血圧が高い時間帯の対処法は?運動や筋トレは血圧が高めの時間帯を避けた方が良い?

血圧は時間帯によって変化します。一般的に朝は高く、日中から夜に向けて低下していき、寝ている間が低くなるという変化を示します。

さらに、ストレスや運動によっても変化し、種類によって上昇したり、下がったりします。下がる方法としては有酸素運動が挙げられます。ジョギングやウォーキングなどの緩やかに身体を動かすものであれば、血管が拡張し下がります。

しかし、筋トレなどは一時的に筋肉が収縮するため血管も収縮し結果、上昇に寄与します。これらを踏まえてそれぞれの時間帯の対処方法を説明していきます。

まず朝ですが、起きてすぐは高いので運動自体を控えたほうが良いです。特に筋トレは絶対しないようにしてください。朝ウォーキングなどをする場合は、起きてすぐは避け、朝食後時間を置き、ウォーミングアップをしっかりしてから行うようにします。

日中は暑い時間帯の屋外での激しい運動は避けるべきですが、特に問題はありません。夜は寝る2時間以上前までなら問題ありません。あまりに寝る直前だと寝付きが悪くなります。

基本的な時間別の対処方法としては血圧の高い時間は筋トレを避けることです。また、血圧の高い時間帯は有酸素運動であっても注意して行うといった対処が必要です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 時間帯

血圧が高い場合や高めの場合、運動や筋トレをするとどれくらいの負荷がかかる?

血圧が高い人が運動をするのは良いとされています。運動は血管を拡張し血流を良くするので、有酸素運動などの激しい運動をしたあとは一時的に血圧が上昇しますが、しばらく経てば血圧は下がると言われています。

血圧が高い人はなるべくウォーキングなどの有酸素運動をするように心がけましょう。ただし160を超えてしまうと負荷がかかるのでやめたほうがいいとも言われています。少し高い、130から140未満の人でなおかつ健常な人であれば続けていくうちに健康になっていくと考えられます。

ただし筋トレは負荷がかかりますので避けた方が無難です。筋トレは呼吸を止めて一気に力を入れるというやり方をしますので、血管にとても負荷がかかり、かえって危険とされています。

血圧が下がって落ち着いた状態であれば筋トレを始めても平気ですので、まずは正常値に戻すことを考えるほうがいいでしょう。そのため、何もしないというのも良くありませんので、筋トレではなく身近でできそうなウォーキングなど血管に負荷がかからないものから始めていくと良いです。

血液の流れが良くなれば代謝もあがり、中性脂肪やコレステロールも下がりますので、数値も正常になっていきます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 運動

血圧が高い時に下げるのに運動は効果的?筋トレやストレッチも効果がある?

血圧が高いと言っても130以上で140未満というくらいのときは、それほど心配はいらないのですが、位置づけとしては高い人の予備軍になるので、下げる努力は必要になります。

高い血圧には食事が大きな影響を与えていることが多いので、まずは醤油や塩分などを摂りすぎていないか、自分で調整することです。そして、お酒も毎日多めに飲むと悪い影響があるので、ほどほどを心がけることです。

血圧を下げるために、筋トレやストレッチなどの運動も効果があります。
というのは、肥満体質の人はどうしても血圧が高くなりがちであるので、体重は標準に保つことが大事だからです。

筋トレやストレッチなどの運動は直接的に肥満防止と結びつかないような感じがありますが、実は基礎代謝が上がるので、肥満防止に役立つのです。基礎代謝が上がれば、食事で摂ったエネルギーが身体に蓄積されにくくなって、メタボにならないというわけです。

体重を落とすので、無理なく継続できるのは、速足ウォーキング運動と言われており、一日8000歩くらいが目安ですが、これを継続すると、みるみる内に血圧も下げることができます。

どの運動にも言えることで、筋トレやストレッチもそうですが、血流を良くしますので、血管へ影響も良く、健康な身体を貯めてるので、血圧にもいいというわけです。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 下げる