血圧が高い時、酒や酒粕を取ると高めの血圧を下げる効果は期待できる?

お酒を飲むと血圧がすぐに必ずあがる、ということはまだわかっていません。しかし、長期的に飲み、飲む量が増えると過剰摂取になり体内のカリウム、カルシウム、マグネシウムが減ってしまい高い血圧になってしまうことが考えられます。

しかし、悪い効果だけでなく気分を高くしてくれたり、死亡率がさがるという研究結果もでているのです。いきなりお酒を禁止してもストレスがたまったりして血圧をあげてしまう要因にもなりかねません。

なので、適量のお酒を適正に飲むということを守りましょう。アルコール健康医学協会が定めている適量としては、ビールなら中瓶2本、日本酒なら2合、焼酎なら1.2合を限度としています。また、酒粕はこうじに含まれる成分の中に、体内で分解されるとペプチドという物質になるタンパク質があります。

ペプチドは血管を拡張させて血行を促してくれ、また善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれるので、血圧の上昇を防いでくれる高い効果があるのです。

酒粕を使用した定番の飲み物としては甘酒が定番ですが、こちらも飲みすぎはよくありません。酒粕を得るにしても、ビールなどのアルコールを得るにしても下げる効果は期待できますが、飲みすぎは良くないのです。適量を守ることで高い効果が得られるでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒

血圧が高い場合、酒を飲んだ後は血圧が下がる?飲酒後に血圧が下がるとしたらそれはなぜ?

飲酒後は、血圧が結果的には上がります。ふつうお酒を飲むと、一時的に血圧は低下しそれから上昇していきます。

過剰なお酒の摂取を継続的に続け、摂取するアルコール量が増えることでレニン活性や血管細胞内カルシウムの増加が原因でさらに上昇は起こります。研究でも、一日の飲酒量が多いほど血圧が高い人が増えることが証明されています。

アルコールが体内に入ると交感神経が刺激され、働きが高まり、さらに血管が収縮することで、血管を拡張してくれるマグネシウムやカルシウムなどが腎臓から失われてしまうことで高い血圧になるといわれています。

適正量をはかり、適度な習慣で飲むことでアルコール摂取を完全にやめる必要はなくなりますが、お酒と一緒に塩分の高いおつまみなどを食べていては効果がありません。

飲酒後、一時的に血圧が下がる時には、お酒を飲むことで体がリラックス状態になってストレスが少し解消されることと、適量のアルコールが血管を拡張してくれることが理由だといえるでしょう。

飲むと顔が赤くなる人では、飲酒後のアルコール代謝に関係する酵素の働きが生まれたときから弱いので、血中でのアセトアルデヒドが増えてしまい、先ほどの一時的な下がる反応から、高くなるまでの脈拍増加がより高くなります。飲んだら下がるということはないでしょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒

血圧が高い時、酒を飲んだ後の運動は控えるべき?高めの血圧の原因に飲酒と運動は関係する?

血圧は人によって変動範囲に差がありますし、その人の日常の行動との関係もあるので、一概に決めつけるわけには行きませんが、お酒と運動に関してはおよその傾向で気を付けた方がいいという共通点はあります。

まず、血圧の高い低いということの一般的なことですが、一日中同じ数値であることはありません。通常時にやや高めで高い方の数値が130mmHg~140mmHgくらいの人も、トイレに行って力んでいるときは160mmHgくらいにはなります。運動をしている最中は、やはり高くなります。逆にお酒を飲んでいる最中は下がり気味となります。

ということですが、トイレで用を済ませた後は通常時の血圧に戻りますし、運動後も戻ります。運動後はむしろ通常時よりも低くなることも多くあります。

お酒については、飲んでいる最中は血管が開かれた状態なので血圧は下がりますが、その後酔いがさめるにしたがって、血管との関係からむしろ反動で高くなることになります。

では本題で、血圧が高いとき、お酒を飲んだ後に運動を控えるべきかですが、間違いなく控えるべきです。お酒で低くなり、身体を動かせばさらに低くなる関係ですが、その後のことまで考えると、悪い影響が出ることが考えられるからです。
あくまでもアルコールは控えめに、身体を動かすのは適度にというのが基本です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒

血圧が高い場合、酒を飲んでからの入浴が血圧高めのカラダに悪影響だと言われる理由は?

血圧が高い場合には、お酒を飲んだ直後に入浴すると危険であるという理由は二つあります。まず、お風呂に入ることで体が温まりますので、一時的に血液の流れもよくなり、アルコールも体全身に回ることになるのです。

従って、酔いを醒ますつもりで入浴したのが逆に、さらに酔った状態になってしまうのです。つまり、大量の血液が全身に送られることで脳や心臓の血液が不足し、それにより、脳貧血、不整脈、心臓発作などを引き起こす危険性が高い状態となるのです。

もちろん、酔いで平衡感覚を失い、ただでさえ滑りやすいお風呂で転ぶこともあります。
また、お酒を飲むと一時的に血圧が下がるのですが、実は、入浴することでも血圧は同じように下がるのです。つまり、相乗効果によって貧血状態になったり、最悪の場合には気を失ってしまうこともあるのです。

実際にこの理由により、お酒の飲んで入浴して溺死したというケースもあるのです。血圧の高い人は特に注意しなければなりません。このような理由からお酒を飲んだ後にはすぐにお風呂に入ることはせず、できれば2時間位たってからお風呂に入るようにしましょう。旅先などで温泉に入るときにも、同様に飲酒後の入浴には十分注意しなければなりません。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒

血圧が高い場合酒はどの程度の量なら飲んでも大丈夫?大丈夫な酒の種類や適量ってある?

血圧の高い人でも、お酒の量と種類に気をつければ適量なら問題ありません。
むしろ適量であれば血管が膨張するためむしろ血流がよくなります。

しかし、何事も度が過ぎると悪影響を及ぼすもので、お酒を飲みすぎると一度膨張した血管が収縮し、元の血管の太さよりも細くなるため、血圧が高くなるという現象がおきます。

そこでそれを防止するには量と種類に気をつけることです。
まず、量は2単位以内が良いと言われております。なぜならそれ以上飲むと身体のアルコール処理能力を超えるため、それは毒素として体内に残ってしまいます。

次にお酒の種類ですが、度数の高いお酒は控えましょう。もしどうしても飲みたいのであれば40度のものならその5倍の量の水を、20度のものであればその2倍の量の水を飲むことを心がけた方がよいです。

アルコールを体外に出す際に、水分も一緒に出されるため、体内の水分が少なくなり、脱水症状を引き起こす可能性があります。この状態の血液は水分が少ないため、どろどろとしたものになり、血圧も上がってしまいます。

血圧の高い方もこれらのことを守り、適量のお酒を飲むことでストレス発散にもなるので、楽しく無理のない範囲で自分の身体をいたわってあげましょう。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒

血圧が高い人は酒を飲むのは控えた方が良い?飲酒が血圧が高めの人に与える影響って?

健康のことを考えるときに、お酒とたばこのことがどうしても話題となりますが、タバコは百害あって一利なしですから、出来るだけ早いうちにやめることをおすすめします。肺がんになる可能性が高いというのが主な理由ですが、血管を収縮させるという影響もあるからです。

そこへ行くと、お酒は度を超さなければ身体に良いとされています。
飲酒の習慣では、週2日の休肝日と言われますが、肝臓への負担があるので労わるために必要なことですが、実は血圧にも少なからず影響があります。

かつては一日の量は日本酒に換算すると2合程度と言われていましたが、今は1合程度が適量とされています。理由は飲酒によりカロリー摂取が多くなるからです。太り気味になると血圧はどうしても高い方に導かれます。

そして、飲酒で気を付けなければならないのは、アルコールが身体に入った当初は、血流も良くなり、血圧は低くなるのですが、血管への影響は後から出てくるため、時間が経つと収縮作用が働くということです。

したがって、異常というほどの数値でなくても高い方の数値が130mmHg以上140mmHg未満くらいの人も、それ以上血圧が高いということにならないためにも、お酒を控える習慣を身につけることです。

特に、ほろ酔い程度はともかくとして、翌日に酔いが残るような飲み方は、禁物です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 酒