血圧が朝だけ高いのは朝が寒いから?血圧高めの人は朝風呂は危険ですか?

朝の冷え込みも、血圧が朝だけ高い人の悩みの一つといえます。高年齢や精神的ストレス、アルコールや体の状態、特徴なども朝だけ高くなることに関係があります。

人の体は寒いと感じると、体温を逃がさないように毛細血管を収縮させようとし、その結果血圧があがるのです。活動をするために、眠っている間の早朝から徐々に起きる時間に向かって低い血圧を高いものにしようとする仕組みが人間には備わっています。

そんなときに、冬に布団からでて寒いと感じるころには、すでにかなりの上昇がはじまっているのです。寝ている間の上昇が急激な特徴をもつ人も高い割合でいるといわれており、そんな人はさらに危険になります。

また、朝風呂は血圧をあげる一種の刺激になります。寒い冬の気温のせいで冷えた体全体が、一気に風呂の中の熱いお湯につかることになるので、体を暖かくしてくれる効果はありますが、急激に血圧をあげることにもなり、心臓に負担がかなりかかることになるのです。

人によっては、心臓発作を起こしてしまう場合もあるのでとても危険なのです。また、起床後は体が乾いた状態のため、そんな状態で風呂に入ると脱水症状もひきおこしかねません。特に寒い時期はお風呂は前日に入っておくことをおすすめします。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 朝

血圧が高い人や高めの人がお風呂でのぼせるのは血圧やカラダにも良くない?

お風呂でのぼせる原因は、温かいお湯につかると血管は拡張し血圧が下がります。血流が安定しリラックスできますが、お湯から上がると広がった血管内に一気に血液が流れはじめ脳や心臓に血液が不足します。

こうなると身体にめまいやたちくらみ、動悸、息切れなどの症状が現れのぼせという状態になります。またこれ以外にも血圧が高いとのぼせるのと同じ症状が現れることがあります。

健康診断で血圧が高いと診断された方には注意が必要です。お風呂に入ると血圧は下がるのですが、熱いお湯のショックで上昇することもあります。そしてさらにお湯から出て下がる、このような大きな血流の変動が身体にショックを与えます。

この時の症状がのぼせとして現れ、身体の中では脳出血や心筋梗塞を起こしている場合もあります。またのぼせるのは熱いお風呂に入った時に起こりやすいですが、ぬるま湯で起こる場合は危険です。

血管の収縮がうまくいかず動脈硬化などが進行していることもあります。このように血圧が高い人は特にお風呂に入る時は注意が必要です。のぼせるような熱いお湯は避け、入浴前にはあしから上半身にゆっくりかけ湯をしてから入る。

入浴も全身浸かっての長時間ではなく半身浴で身体があったまる程度で出るなどして急激な温度変化を防ぐ必要があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

お風呂に入ると血圧は上昇する?血圧が高い人がお風呂に入る時の対策って?

血圧が高い人がお風呂に入った時に上昇するのを防ぐ対策をご説明します。お年寄りが入浴時に倒れる事故は血圧が急激な上昇が原因のことがあります。特に冬の寒い季節に脱衣所とお風呂のお湯の温度差によって、脳卒中になることもあり注意が必要です。

まずこれを防ぐためにできる対策の1つ目は「脱衣所を暖めておくこと」です。これは寒い脱衣所で裸になった時に体温が下がるのを防ぐ目的があります。

2つ目に行いたい対策は「掛け湯をしっかりと行ってから湯船に浸かる」ことです。冷えた体のまま一気に熱い湯船に入ると普段から血圧が高い方はさら上昇する原因となります。これを防ぐために体を徐々に温めて熱い温度に慣らしていくのです。

最後に気をつけたい対策は「ぬるめの湯温設定にすること」です。42度くらいの熱いお湯が好きな方もいらっしゃるでしょうが、理想は37〜40度です。 またぬるい湯温で入浴することによって副交感神経が刺激されて力が抜けていき、肩こりや腰痛を緩和したり筋肉をほぐす効果が期待できます。

その他半身浴で体を慣らしたり長風呂を控えるなど、ちょっとした工夫で血圧の急激な上昇を抑えることができます。
日頃から血圧が高い方は入浴時の温度差に気を付ける事で急激な上昇を防ぐことが可能になります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い人や高めの人は、お風呂に入ると脈拍は上がる?血圧に影響は?

お風呂に入ると脈拍が早く感じることがあるので、血圧も高い状態に上がっているか心配になることがありますね。

血液には動脈と静脈、毛細血管がありますが、動脈は心臓から体の隅々まで血液を送り出し、静脈は細胞から老廃物を受け取り、再び心臓に戻ってきます。この時に、心臓は拡張したり収縮したりしていますが、この時の動きを心拍数と言い、脈拍は心拍数が動脈を伝わって手首などに伝わっている状態を指します。

大人と比べると子供の方が脈拍数は多くなります。
お風呂に入ると脈拍が上がるので、血圧も高い状態になっているのでは、と感じますが、脈拍が上がるからといって血圧も高い状態になっているとは限りません。逆にお風呂にゆっくりと入り、リラックスしている時は、血圧は低い状態になっていることが多いです。

ですが、血圧が高い場合、お風呂に入る際の注意点があります。まず、脱衣所とお風呂の温度の差をなくします。差があると温かい場所に入った時、急に上がることがあるからです。

また、入浴の際の温度は40度以下とし、半身浴を10分程度にしておきます。湯温が高いほど上がってしまうので注意しましょう。湯船に入る前に全身にゆっくりお湯をかけると急に上がってしまうのを防ぐことができます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い人や高めの人の場合お風呂上がりの急な温度変化は血圧にどんな影響があるの?

お風呂上がりに急に寒い場所へ移動すると、体温を保持するよう体内の毛細血管が収縮し血圧が上昇するため、標準より若干高い人はより影響を受けやすくなり注意が必要です。

一般的に、入浴の際には状況に応じて血圧に変化が見られます。熱いお湯に入ると、交感神経が刺激されることで一時的に上昇し、浴槽の中に体全体を沈み込ませるような入り方では更に上昇が見られます。このため、健康を考えるとお風呂の温度はあまり高くしない方が賢明です。

問題のお風呂上がりですが、温かいお風呂に浸かることで徐々に体が温まると体内の毛細血管が拡張し血流が良くなるため、血圧もそれに従い下降します。お湯から上がり水圧の影響を受けなくなると、更に下降することになります。

そのまま室温の高い脱衣場で着替えるぶんには問題ありませんが、寒い脱衣場で着替えをした場合は、温まった体が冷えてきます。人間の体は体温の調節を目的として毛細血管を収縮させ体温の維持に努めますが、一時的に血管が収縮することで血流が悪くなり、血圧は急激に上昇することになります。

このため、普通の人より血圧が高い人はお風呂に入る時だけでなく、お湯から上がる時も影響を受けやすいため注意する必要があります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い人がお風呂に入る時、お風呂の温度は何度くらいが適温?

お風呂に入ると体が温まり血管が広がって血圧が下がると思っていましたが、気を付けないといけない点があります。その注意点とは「42度くらいの熱いお湯の急激な刺激は体に高い負担がかかる」です。

高い温度のお湯に入るのは気持ちがいいのですが熱さの刺激で血圧が急に上がり、そしてすぐに下がる血圧の急激な変化が起こり体に負担がかかります。ぬるいお湯から徐々に温度をあげていくのがいいでしょう。

血圧を上昇させることなくお風呂に入ることのできるお湯の適温があります。
適温は3~40度です。ぬるめのお湯に入ることで副交感神経が刺激されてリラックスすることができ血管が拡張し、血圧を下げることができます。入浴時間の目安はのぼせないように10~15分くらいがちょうどいいです。

高い温度の熱いお湯でさっと入るより、適温のぬるめのお湯でじっくりと体の芯まで温めるほうがいいんですね。

体に負担を与えることなく入浴する方法は入浴する前にかけ湯をしてお湯に体を慣らせておくこと、入浴するときは肩までお湯につからず胸のあたりまでお湯に浸かる心臓に負担のかからない半身浴で入浴することも押さえておきたいポイントです。

急な温度変化に気を付けて楽しいお風呂を満喫したいものですね。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂

血圧が高い高齢者の方がお風呂に入る時の注意点は?

ヒートショックという言葉があります。

室内の急激な温度差による体への悪影響を言います。
血圧が大きく変動して、失神や脳梗塞や心筋梗塞の原因となることがあります。
家の中で高齢者が死亡する原因の約4分の1を占めています。

入浴事態は血管が広がって血圧を下げるのですが、脱衣所が寒いとそれがストレスとなって血圧が上がります。

47都道府県の消防本部への調査では、2011年に入浴中の心肺停止で救急搬送された65歳以上の高齢者は9360人でした。
1月は8月の11倍もの搬送率です。

普段から血圧が高い人や、糖尿病の人、悪玉コレステロールの高い人、高齢者は特に注意が必要です。

脱衣所の温度が重要な注意点となります。
対策は、脱衣所にヒーターを置いて暖かくしておく、お風呂にお湯をはるときはシャワーを利用する、日没する前にお風呂を済ます、などが推奨されています。

また、お風呂のお湯の温度は38~40度くらいがベターで、それより高い温度はヒートショックのリスクも高くなります。
そして首までお湯に浸かると水圧で体に負担がかかり血圧も高くなりやすいので、心臓の高さより深く浸からない様にすることも、注意点の1つです。

高齢者が入浴している時は、ご家族の方は時々状況を確かめることも注意点にあげられます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 風呂