血圧が高い症状は食後に多いの?塩分を多くとってしまうと血圧が上がりやすい?

血圧が高めと言っても、高い方が130mmHg以上140mmHg未満であれば、それほど危険な症状ではないと言えます。でも正常値からやや高めなので、塩分控えめ、適度な運動、ストレス解消などの努力は必要です。

測定時期については、時間帯とか食前食後の関係ですが、病院がすすめるのは、起床してから少し時間が経過したときで朝の排尿などを済ませてからと、夜は食後2時間を経過したころとされています。夜の場合は食前がいいとする病院もあります。

実は血圧は一日中変動しており、時間帯や何かの動作によっては、通常値でないことがあるからです。

たとえば排便中や直後は、かなり高い数値になります。外出でかなりの歩数歩いて帰宅してすぐ測定すると、こちらは高い数値が出たり、逆に低い数値が出たりすることがあります。

ということで、ある程度落ち着いているときに測定しなければ、手当が必要な症状かどうか判定できないということになります。

食後は、身体に消化のためなどの負担がかかった後なので、避ける方がいいのです。2時間という目安がありますが、お酒が入ると血圧は一時的に下がるので、そのときは食前がいいでしょう。

塩分は控えないと症状はどんどん悪くなります。塩分を口に含んだ瞬間に上がるというわけではないのですが、血圧にとっては大敵です。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 症状

血圧は食後に高い?血圧が上がる仕組みって?飲み物で血圧を下げる効果の期待できるものはある?

血圧が食後だと高い理由、上がる仕組みは以下の通りです。また飲み物で下げる効果が期待できるものも以下の通りです。まず食後に血圧が高い理由ですが、これは体がそのように働くためです。

では血圧が上がる仕組みです。まず食後には、胃や腸に血液が集中します。これは食べ物を消化するため、それらの消化器官が活発に働く必要があるためです。血液には酸素や栄養が混ざっているので、それが集中することで消化器官が活発に動くようになると言うことです。

しかし胃や腸に血液が集中すると、全身の血流は一時的に不足しがちになります。そこでこれを補うために、自律神経が心臓や血圧に働きかけます。その結果、心臓から全身に送り出される血液量が増加したり、その作用によって血管に対する圧力が上がると言う仕組みです。

ただこのような高い状態は一時的で、健康であればその後は少しずつ落ち着いていきます。次に下げることに効果が期待できる飲み物ですが、まずカルシウムを含んだ飲み物、たとえば牛乳などが挙げられます。

これはカルシウムには血管の状態に働きかける作用があるためです。それからカテキンが含まれる緑茶もおすすめの飲み物です。黒酢を水で薄めた物や、カリウムを含んだグレープフルーツジュースも効果が期待できます。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食後

血圧が高い状態になりやすい食後は食事で対策できる?血圧が上がりにくい食べ物と上がりやすい食べ物は?

血圧が高いと様々な病を引き起こすことから、食べ物に気をつけたり食事で抑えることができるか考えたり、食後、どのくらい上がるのか気になったりします。

血圧は大変変動のある状態で、ストレスがたまったり運動を行ったりしただけでも数値が変化します。食べている時は上がっている状態ですが、食後は、少しずつ血圧が下がっていきます。ですが、食べ物によって食後も高い状態のままになってしまうことがあり、注意が必要となります。

血圧が上がりにくい食べ物には、アボカド、りんご、バナナ、ほうれん草、パセリなどがあります。これらの野菜にはカリウムが含まれているので、体の中の余分な塩分を取り除いてくれます。大豆製品もまた、たんぱく質が含まれているので血液をサラサラとしたものにすることができ、高い状態から低い状態へと変えてくれます。

一方上がりやすい食事には、ラーメン、加工食品、カレーライス、ピザなどがあります。これらには塩分が多く含まれており、塩分によって血圧が高い状態になってしまいます。食事をする際には、汁は飲み干さない、食べすぎないといったことに注目すると良いでしょう。

なお、野菜類に多く含まれている食物繊維、たんぱく質、炭水化物の順に食べると上がりにくくなります。

(*:注)このページで記載している「血圧が高めの方」「血圧が高い方」の基準は、収縮性血圧が130mmHg以上140mmHg未満の健常人を対象にしています。

血圧 高い 食後